姿勢改善にはピラティス? | 札幌中央区パーソナルトレーナー・トレーニング資格ならリファインボディ

Hiroaki Tanaka Column代表田中宏明コラム

ピラティス

ボディメイク情報

反り腰改善

快適な日常生活を送る

猫背改善

姿勢改善にはピラティス?

姿勢を良くするためにピラティスをしたい。
ヨガをして姿勢が良くなった。
筋トレをして姿勢が改善された。

すべてケースbyケースですが正解かと思います。

姿勢が悪くなる原因ってなんでしょう?

・長時間のデスクワーク・同一姿勢
・運動不足(刺激不足)
・栄養不足(体内酸素供給量不足)
・内臓トラブル
・メンタル

ざっくり言ってこのくらいでしょうか?

ですから、ピラティスで姿勢が良くなる人もいれば、
ヨガで良くなる人、マラソンで良くなる人もいます。

良い姿勢と動作を生み出すためには、
適切な刺激と栄養が大切。

ご飯、しっかり食べてます?
口呼吸になっていませんか?
運動(刺激)不足になっていませんか?

運動は多種多様な刺激を脳に届けるために必要不可欠ですが、
まずは、運動がOKなのかNGなのかを考えることも大事です。

欠食(飢餓)状態で運動しても、
結果が出ないばかりか、どんどん体は不健康になります。

いきなり、運動も頑張る&食事も頑張るって、
長続きしない人が多いので、
まずは運動から、まずは食事から改善していこうでも良いと思います。

ダイエットを成功させるためには、
◯◯法や◯◯メソッドではなく、思考や概念が大切。
これが理解出来れば苦労や難しいことなんてありません。

ダイエット話はまだ今度お話ししますね。

ピラティスで今まで動かしたことがない部位を動かしたり、
ゆっくり呼吸をしたり(特に吐ききるのが大切!!)
全身動かしていくことは、姿勢改善にとても効果的ですので、
是非、ピラティスをご体験下さいね^ ^

●札幌市中央区 RefineBodyのスタジオサイト
 初回体験レッスン受付中です→体験レッスンのご案内
●田中宏明のプライベートレッスン依頼はこちら
 スタジオ指導、オンライン指導、出張対応も可能です。
 →プライベートレッスンお申し込み
●企業様への出張指導、講演などのご依頼はこちら
 →北海道中に良質な運動を届けるHOPEプロジェクト

カテゴリー